iPhoneのカメラで撮影した写真をパソコンへ転送する

iphone3g

 iPhoneのカメラで撮影した写真はどのようにすればパソコンへ転送するのかが判らず、今まではEvernoteというiPhone用の無料ソフトウエアで、いったん、インターネット上のEvernoteのスペースに転送し、それからパソコンへダウンロードするという手段をとっていました。(iPhone HACKS!

(Evernoteについては、こちら「iPod TouchでEvernoteを使ってみた)で紹介しています)

しかし、このEvernoteを使って転送する方法は少し面倒くさいので、何かもっと簡単な方法があるはずです。当然、iTunesでカメラで撮影した画像もパソコンと同期することができると思っていました。しかし、写真を同期するためのタブを触っても、どうも同期できる気配がありません。早々にiTunesで同期をすることはあきらめて、ほかの手段を探してみました。

こちら(アップル – iPhone – 特長 – 写真とカメラ)のページを見ると、下記のように書かれています。

内蔵カメラと画期的な写真アプリケーションを搭載したiPhoneは、写真との相性も抜群です。写真の撮影と共有も、とても簡単。写真をWindows PCやMacと自動的にシンクしたり、指先でフリックする(はじく)だけでアルバムを表示したり、MobileMeギャラリーで写真を直接公開できます。

この文章ではどうやって共有するのか今ひとつよくわかりません。下のような説明もあります。

iPhoneは、iTunesを利用して、MacのiPhotoとWindows PCのAdobe Photoshop Elements、Adobe Photoshop Albumにある写真をシンクします。コンピュータ上のすべての写真がiPhoneにシンクされるので、いつでも、どこでも写真を見たり、みんなに披露したりできます。

この説明もパソコンにある写真をシンクする場合のことを言っているのか、それともiPhoneで撮影した画像をシンクすることを言っているのか、今ひとつ謎です。

 スポンサーリンク


さらにいくつかのサイトを見て回っていると、こちら(荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:笑っちゃうほど何もないシンプルカメラ、ピントの合う範囲が独特──「iPhone 3G」 (6/6) – ITmedia +D モバイル)に参考になる情報がありました。下記のように書かれています。

 ところで、iPhoneをPCに接続すると「PTP接続のデジタルカメラ」として認識される。このため、多くのデジカメ用画像編集ソフトなどで写真を吸い上げられる。iPhoneのカメラ機能はとてもシンプルで、それを補うのがサードパーティのソフト。アプリは無料のものも多く、必要なものだけインストールすればいいわけだ。

新しくソフトをダウンロードしてくるのも大変なので、Vistaに標準搭載されている「Windowsフォトギャラリー」を使用することができないか実験をしてみました。

単純にWindowsフォトギャラリーを起動して、メニューを眺めてみます。すると、「ファイル」メニューに、「カメラまたはスキャナーからの読み込み」という怪しいメニューがありました。

iPhoneをパソコンのUSB端子に接続した上でこちらのメニューを選択すると、何事も問題なく、iPhoneが認識されました。そして、iPhoneを指定すると、一気にiPhoneのカメラで撮影した写真をパソコンの方へ転送してくれました。これは便利です。

なぜ、iTunesで同期をしてくれないのか、今ひとつ、その考え方がよくわかりませんが、Windowsフォトギャラリーで簡単に転送することができたので、これからはこの方法を使っていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. 増渕 より:

    Windowsの標準アクセサリの、「スキャナとカメラのウィザード」などを利用して、
    OS標準機能で画像をPCに取り込むことができますよ。

  2. Mysteron より:

    iTunes→iPhoneが同期(シンク)で
    iPhone→iTunesは転送です。

  3. UNITY REC-site より:

    iPhoneで撮影した写真をPCへ転送する方法

    iPhoneのカメラで撮影した写真をパソコンへ転送する  新しくソフトをダウンロードしてくるのも大変なので、Vistaに標準搭載されている「Window…

  4. 三木 より:

    参考になりました!
    ぎもんがすっきり解決。
    記事ありがとうございますー♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。